ファイル拡張子の追加

LSPファイル拡張子

LSPファイルを開くときによく起きる問題のうち、最もありがちな原因は、単にコンピュータにインストールされたアプリケーションがないことです。このような場合には、ファイル形式LSPをサポートするアプリケーションをダウンロードしてインストールするだけで解決します- そのようなプログラムは以下から利用可能です。

ファイルの種類 LISP Source Code Format
製作者/作成者 N/A
人気度

ヘルプ

注意

コンピュータで読み込むことができない符号化されたデータファイルの中には、メモ帳で閲覧できるものもあることにご留意ください。;このやり方により、テキストや数字の一部を読み取ることができます – このやり方がLSPファイルでも使えるかを試してみる価値はあります。

リストに記載されているアプリケーションが既にインストールされている場合は、どうすればよいですか?

多くの場合、インストールされているアプリケーションは自動的にLSPファイルに関連付けられているはずです。もしそうなっていない場合でも、手動でLSPファイルを新しくインストールされたアプリケーションに関連付けさせることもできます。LSPファイルの上でマウスを右クリックし、表示されたオプションの中から「既定のプログラムを選択」を選んでください。次に、「参照」オプションを選択し、指定したいプログラムを選択します。その後「OK」ボタンを押し、変更内容を承認しましょう。

LSPファイル番号を開くことができるプログラム

Windows
  • Clozure CLClozure CL
  • AutoCADAutoCAD
  • Adobe ExtendScriptAdobe ExtendScript
  • Microsoft Windows NotePadMicrosoft Windows NotePad
  • NotePad++ NotePad++
Mac OS
  • Clozure CLClozure CL
  • CMUCLCMUCL
  • TextEditTextEdit
Linux
  • LispWorksLispWorks
  • Clozure CLClozure CL
  • geditgedit

なぜLSPファイルが開けないのですか?

LSPファイルに関する問題の原因はそれだけではありません。時にはコンピュータにLSPファイルを取り扱うプログラムがインストールされていても、問題が解決しないこともあります。LSPファイルの開閉および取り扱いができない問題の原因には、次のようなこともあります

- レジストリエントリでのLSPファイルの関連付けが適切ではない
- 開こうとしているLSPファイルが破損している
- LSPファイルが(ウイルスに)感染している
- コンピュータのハードウェアリソース不足
- ドライバが最新ではない
- 拡張子LSPがWindowsレジストリから削除された
- 拡張子LSPをサポートするプログラムのインストールが完了していない

これらの問題を解決すれば、LSPファイルを開いて作業ができるようになるはずです。それでもファイルの取り扱いに関する問題が解決しない場合は、具体的な原因を診断すべく専門家にサービスを要請しましょう。

コンピュータにファイル拡張子が表示されません、どうすればよいですか?

Windowsコンピュータのユーザー標準設定では、ファイル拡張子LSPを見ることはできません。しかし、それは簡単に変更することができます。「コントロールパネル」を選択し、「デスクトップのカスタマイズ」を選択します。次に、「フォルダオプション」を選択し、「表示」タブを開きます。 「既知の拡張子を隠す」のオプションを見つけ、そのチェックを外し、「OK」キーでそれを確定してください。これでLSPファイルを含むすべてのファイル拡張子が、ファイル名の後に表示されるようになったはずです。